不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 『定額法』と『定率法』…

『定額法』と『定率法』どちらが得か?

2014-08-23

『何で、こんなに税金が増えたんだ!』

 

減価償却費は不動産投資の
税引後キャッシュフローに
大きな影響を与えます。

 
その理由は

 
減価償却費分は損金扱いされる為
税金がかからないからです。

 
今日は、不動産投資をする場合に
”定額法”と”定率法”
どちらを選択すべきかお伝えします。

 

不動産投資の場合、

 
▼ 建物部分 = 定額法での減価償却が義務付け

 
▼ 設備部分(エレベーター、給水設備等) =
  定額法、定率法を選択可能

 
というルールがあります。

 
◆ 定額法

 
毎年一定額を償却していきます。

 
例 耐用年数10年、建物価格 1000万円の場合

1000万円÷10年 =100万円 
100万円が1年の減価償却費となります。

 

◆ 定率法

 
毎年一定率を償却していきます。

 
耐用年数10年、設備部分価格 1000万円の場合

 
1000万円 耐用年数10年 定率法の場合

 

1年目 1000x0.20=200万円

 

2年目(1000-200)x0.20=160万円

 

3年目 (800-160)x0.20=128万円

 

この計算が耐用年数の10年目まで繰り返されます。

 

ただし、その年の減価償却費が【取得価格x保証率】
以下の金額になった場合は

 

改定の償却率が採用されます。

 

耐用年数 10年の場合 

 

 保証率は0.06552   改定償却率は 0.250
となります。

 

定率法と定額法を比較した大きな特徴は

 

耐用年数初期 → 定率法の方が償却費が大きい

 

耐用年数末期 → 定額法の方が償却費が大きい

 

となります。

 

定額法と定率法を選択する場合

 

▼ 購入時、他の物件所得などがあり
  減価償却費を増やして節税したい
       ↓
     『定率法』

 
▼ 数年後に、他の物件の償却が終わり
  税金額が増加しそう
       ↓
     『定額法』

 
など自分に合わせた減価償却費の
選択が重要になります。

 

 

 

定額法、定率法のどちらでもシミュレーションが可能な
アセットランクシミュレーターの無料IDはこちらから取得できます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー