不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > お金持ちの定義について…

お金持ちの定義について考える

2014-06-14

Aさん、Bさんどちらがお金持ちだと思いますか?

 

 

 

今日は、不動産投資を少し離れて
『お金持ちの定義』について書いてみたいと思います。

 

 
Aさん 総資産5000万円 負債4000万円 純資産1000万円
    年収1000万円 支出990万円

 

 

Bさん 総資産2000万円 負債500万円 純資産1500万円
    年収 500万円 支出450万円

 
総資産がBさんより2倍以上大きく、年収も倍の
Aさんは一般的にお金持ちだと思われています。

 
しかし、実際のお金持ちはBさんです。

 
▼ Aさん

 

 

大手企業に勤め、都心の3LDK
のマンションに住んでいます。

 

 

ブランド品のバックに時計を身に着けて
月に数回は、家族で外食にでかけます。

 

 

ご近所からは、やっぱり一流企業に勤めている人は
お金持ちね~ と言われています。

 
▼ Bさん

 

 

中堅企業に勤め、郊外の2LDKのマンションに
住んでいます。

 

 

洋服は、もっぱらファストファッションの店で
購入します。

 

 

外食は、家族の誕生日にでかける以外は
あまりしません。

 

 

ご近所からは、奥さんは節約上手らしいわよ
と言われています。

 
といった感じだと思います。

 
一般的に目がいきがちなのは
総資産の大きさと、年収の多さです。

 

 

しかし、Aさんは、どちらかというと
破綻予備軍だと言えます。

 

 

おそらく、何らかの変化があった時に
耐えられません。

 
理由は

 

 

・ 総資産は大きいが
  他人の資産である負債が大きく
  自分の資産である純資産が小さい

 

 

  資産価値の下落などで、総資産が急に小さく
  なった時、自分の資産である純資産で
  まかなえない為に、変化に弱い

 

 

・ 支出が多く、リストラ・給与カットなど
  収入が減った際に、赤字になる可能性が高い

 
変化が予測される時は、総資産と収入よりも、
純資産の大きさと支出が大事です。

 
理由は

 

 

・ 資産下落で総資産が小さくなっても
  自分の資産である箱純資産の範囲内で
  吸収できる可能性が高い

 

 

・ 支出額が少なければ、収入が減った場合も
  赤字になる可能性が低い

 
お金持ちと言っても定義の仕方によって
だいぶ違ってきます。

 

 

変化の予測される時代には
Bさんのような総資産と支出の型
の人をお金持ちと定義した方がいいです。

 

 

 

あらゆる、不動産投資シミュレーションが可能な
アセットランクシミュレーターの無料IDはこちらから取得できます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー