不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > こんな物件に、銀行は融…

こんな物件に、銀行は融資しない

2016-12-04

アセットランク.Com
大塚 博之です。

 

 

銀行は、まず、こんな物件には
融資しません。

 

 

「DCRが1.2より低い物件」

 

 

■ DCRとは(Debt Coverage Ratio)

 

 

・ ネット収入(年) / 支払額(年)

 

 

年間ネット収入を年間の元利返済額(ADS)
で割り出した数値です。

 

 

不動産投資によるリスクを回避するための指標です。

 

 

ローン返済額の何倍ぐらいの実質収入があるかを判断できます。

 

 

投資計画における安全性を確認する大きな目安となっています。
この数値は高い方がより安全性が高いと判断できます。

 

 

銀行が融資の際に考えるのは

 

 

「この人は、デフォルトしないか?」
です。

 

 

違う言い方をすると

 

 

「とにかく、絶対にとりっぱぐれないようにする」
ということです。

 

 

DCRが1.2を下回るような物件だと
赤字になるまで20%しが余裕がない為

 

 

・ わずかに空室率が増えた

 

 

・ わずかに金利が上がって支払額が増えた

 

 

・ わずかに家賃額が低くなった

 

 

というだけでデフォルトのリスクが高まります。

 

 

大家さんや投資家は、とかくリターンの
ことを中心に考えてしまいます。

 

 

しかし、銀行はリスク(デフォルト)を
いかに回避するかを中心に考えます。

 

 

この視点の違いが
融資を受ける際の大きな壁となります。

 

 

銀行の立場になって考えるならば

 

 

「この物件(わたし)はデフォルトの
リスクが低くしっかり返済できますよ。

 

 

だから安心して貸すことができますよ」

 

 

という語り方をする必要があります。

 

 

投資開始の1年目だけではなく、

 

 

10、20年とDCRが1.2以上であることは
不動産投資を考える上で必須です。

 

 

DCRを時系列で確認する癖をつけてください。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー