不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > なぜ、資産を増やすのに…

なぜ、資産を増やすのに、B/Sが必要なのか?

2016-02-14

おはようございます

 
アセットランク.Com
大塚 博之です。

 
資産運用をして資産を増やすのに
絶対必要な知識が

 
『貸借対照表』の知識です。

 
ただ、企業の決算書から
貸借対照表を理解しようとすると

 
「よくわかんないから、覚えるの面倒だ!」

 
ということになってしまいます。

 
そこで、今日は、不動産投資を例に
貸借対照表の動きについて説明します。

 
例をあげながら進めます。

 
手持ちに1000万円あったとします。
その1000万円は現金で持っています。

 

その時貸借対照表(B/S)は、こんな感じになります。

 

キャプチャ1

 

この1000万円で不動産を購入したとします。
その時の貸借対照表は

 

 

キャプチャ2

 

不動産物件を5年後に売却することになりました。
その時の売却価格は800万円でした。

 

キャプチャ3

 

純資産が800万円に減ってしまいます。
200万円の純資産を失ったことになります。

 
つまり、資産運用に失敗したことになります。

 
これは不動産物件売買だけの動きを
貸借対照表に表したものです。

 

もう少し、現実に近づけて家賃収入で
1年50万円、5年で250万円の収入があったとします

 

その場合の貸借対象表は

 

 

キャプチャ4

 

1000万円だった資産が50万円
増えています。

 

1年で10万円、年利1%の運用が
できたことになります。

 

貸借対照表を理解することで

 

家賃収入(インカムゲイン)だけでも

 

売却収入(キャピタルゲイン)だけでも

 

投資で成功する為にはダメなことが
理解できます。

 

日頃から貸借対照表の視点でのチェック
することで、資産の現状を把握することができます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー