不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーシ… > Story of th… > アメリカの利上げについ…

アメリカの利上げについて考える

2018-10-02

アメリカ(FRB)が9月26日に
利上げを決定しました。
 
 
以下引用 日本経済新聞

 

米連邦準備理事会(FRB)は26日、
 
短期金利の指標である
フェデラルファンド(FF)
 
金利の誘導目標を0.25%引き上げ、
 
年2.00~2.25%とすると決めた。
 
利上げは3カ月ぶりで、
年内さらに1回、

 

2019年中にも3回の

追加利上げを見込む。

 

引用終わり

 

 

だいたい予想通りに利上げを
行いました。

 

では、金利が上がるとどのような
影響が
あるのか考えてみます。

 

1.銀行の預金金利が上がる

 

2.銀行の借入金利が上がる

 

3.株価が下落(理論的には)

 

4.不動産が下落(理論的には)

 

5.通貨が上昇(ドル高)

 

大きな影響は、
こんなところでしょうか。

 

1と5を除いては基本的に
金利を
上げることは

 

「経済にマイナスの影響を与えます」

 

 

では、なぜ、それが分かっていて

金利を計画的に上げていくのか?

 

大きな目的は2つあります。

 

1.異常な好景気(バブル)を抑制

  及びインフレ抑制の為

 

2.景気が悪くなった時に金利を
  下げるバッファを設ける為

 

 

これを簡単に言えば、
金利を操作することで

 

「景気の凸凹を小さくする
コントロール
をしている」

 

ということです。

 

利上げを計画的に続けることで、

アメリカは景気が悪くなった際に

 

金利を下げる余地を作ることが
できました。

 

それに対して、日本は、量的緩和も

収束できておらず

 

景気が悪くなった際に対策をとる
余地は
ほぼありません。

 

不動産投資を進めていると、
金利が低い
ことはいいことですが

 

景気全般や景気の凸凹を
無くすことを
考えると、

 

単純にそうとも言えません。

 


不動産投資シミュレーションソフト
アセットランクシミュレーターの無料IDを取得する
お名前(姓)
お名前(名)
都道府県
投資物件の所有 所有している
これから投資
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する 利用規約を確認する
※不動産投資シミュレーションを
より深く理解できるメールセミナー付
 ;

不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

■お名前(姓)  (名)
■都道府県
■投資物件の所有
所有している 
これから投資 
■メールアドレス
■メールアドレス確認
■利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームにご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでメールが送信されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebook・googleアカウントで無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー