不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > フルローンで借入しやす…

フルローンで借入しやすい銀行

2013-10-06

最初に質問です。

 

 

銀行が融資を実行する際の基準で

 

 

A銀行『家賃下落を考えない代わりに融資実行金利+4%の
    金利でシミュレーションをする』

 

 

B銀行『金利は変動しない代わりに、家賃が毎年3.5%
   下落するシミュレーションをする』

 

 

どちらの方がフルローンで借入をできる
可能性が高いですか?

 

 

具体的に数値で検証してみます。

 

 

▼自己資金20%時の15年後のキャッシュフロー累計

 

 

 ・A銀行  57,685,980円

 

 

 ・B銀行  54,647,052円

 

 

▼自己資金0の時の15年後のキャッシュフロー累計

 

 

 ・A銀行  34,491,180円

 

 

 ・B銀行  39,388,272円

 

 

◆ 自己資金20%の時は

 

 

『家賃下落なし金利上乗せのA銀行』 > 『家賃下落あり金利上乗せなしのB銀行』

 

 

◆ 自己資金0の時は

 

 

『家賃下落なし金利上乗せのA銀行』 < 『家賃下落あり金利上乗せなしのB銀行』

 

 

になっています。

 

 

・ 自己資金額が多い場合  ⇒ A銀行の方が融資が受けやすい

 

 

・ 自己資金額が少ない場合 ⇒ B銀行の方が融資を受けやすい

 

 

といえます。

 

 

同じ物件でも銀行の融資基準によって
融資が受けられる、受けられないの結果が違ってきます。

 

 

ただし、融資基準については外部にはもれません。

 

 

融資を受ける際に

 

 

『あきらめずに、何行か訪問してみる』

 

 

という方がいます。

 

 

その理由の一つは銀行によっての
融資基準の違いにあります。

 

投資シミュレーションができる 不動産投資支援ソフト
アセットランクシミュレーターのIDを無料で取得


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー