不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 上級投資家を目指すなら…

上級投資家を目指すならば知っておきたい指標

2017-05-28

おはようございます。

 
アセットランク.Com
大塚 博之です。

 
2016年も1年間ありがとうございました。
2016年最後のメルマガとなります。

 
今日は、上級投資家なら知っておきたい知識です。

 
これが分かると、ニュースで報道されている

 

アメリカが12月14日に0.25%利上げを行ったことで
アメリカの不動産価格が下がるのではないか?

 

と言われる理由が分かります。

 

 

 

その知識は 『イールドスプレッド(Yield spread)』
です。

 

イールドスプレッドとは・・・

 
「利回り(イールド)の差(スプレッド)」 という意味。
債券(主に10年物国債)の利回りと株式の利回りや、
不動産の利回りとの比較に使われる。

 

簡単に書くと

 
『その投資対象の利回りは、国債利回りと比較して 何%プラスαがあるか』
のことです。

 
例えば、

 
国債金利=1%
不動産投資の利回り=6%

 
の場合には イールドスプレッド 5% ということになります。

 

では、イールドスプレッド をどうやって使うかと言うと

 
イールドスプレッド

 

上の表のを見ると
年々、イールドスプレッドが 大きくなっているのが分かります。

 
このような場合には、 投資対象としての不動産の魅力が
上昇していると言えます。

 

絶対安全(と言われている)国債と比較して リスクの高い、
不動産投資をしても ○%余分にリターンがあるなら美味しい。

 

このような考え方が 『イールドスプレッド』 です。
 
この考え方が分かると、

 
アメリカ利上げ ⇒ 国債金利上昇 ⇒ イールドスプレッド縮小

 

⇒ 不動産投資の魅力低下 ⇒ 魅力ある利回りまで上昇(不動産価格下落)

 
という論理が働くことが分かります。

 
投資を進める上で 国債金利が何%であるかは
重要なベンチマークになります。

 

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー