不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 不動産投資 損金と資本…

不動産投資 損金と資本的支出の違い

2014-06-28

前回

 

・ 『エアコンが壊れた、交換しなきゃ』

 

・ 『客付しやすいように2Kの間取りを
   1LDKの間取りに変更しよう』

 

に使った費用を比較した場合

 

エアコンの費用は損金として認められるが
間取り変更は資本的支出となり減価償却
する必要があることについてお伝えしました。

 

今日は、損金と資本的支出の違いによって
キャッシュフロー(CF)に
どう影響するかを考えます。

 

300万円の修繕費が発生したことを想定して
比較します。

 

修繕費支払い前CFは

 

・税引前 ⇒ 4,967,796円
・税引後 ⇒ 3,390,975円

 

修繕費300万円がすべて損金として

 

認められるとCFは

 

・税引前 ⇒ 1,967,796円
・税引後 ⇒ 1,290,975円

 

ここで気が付くのは、税引後CFは300万円修繕費を
支払ったにも関わらず、210万円しか減少していない点です。

 

これは、300万円が損金となり
所得が減少し、税金支払額が90万円減った為です。

 

ところが、300万円が法定耐用年数15年の
資本的支出として考えられた場合のCFは

 

・税引前 ⇒ 1,967,796円
・税引後 ⇒   450,975円

 

となります。

 

税引後CFも294万円減少しています。

 

300万円を15年間で減価償却することになり
修繕費を支払った年の損金も、減価償却費の
20万円しか認められない為です。

 

これだけ比較すると、修繕費を損金として
認めてもらえないと損するように思えます。

 

修繕費が損金として認められた場合と

 

資本的支出となった場合に最終的に
どちらが得になるか?

 

次回メールでお伝えします。

 

修繕費用を考慮した不動産投資シミュレーションが可能な
アセットランクシミュレーターの無料IDはこちらから取得できます。

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー