不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 不動産投資 経費と資本…

不動産投資 経費と資本的支出の違いⅡ

2014-07-05

前回のメールでは、修繕費300万円が損金として
認められた場合と資本的支出となった場合を比較しました。

 

修繕を行った年の税金支払額は

 

・損金の場合⇒ 1,576,821円→676,821円
(90万円減少)

 

・資本的支出の場合⇒1,576,821円→1,516,821円
(6万円減少)

 

と損金に認められた時の方が84万円も税金支払額が
少なくなりました。

 

では、資本的支出となった場合には
本当に損してしまうのか?
について考えていきます。
 

 
◇ 修繕費が損金となった場合の
  税引後キャッシュフロー(CF)推移
1,290,975
3,366,219
3,340,913
3,315,043
3,286,430
3,256,696
3,226,300
3,195,230
3,163,468
3,131,001
3,097,813
3,063,887
3,029,207
2,993,756
2,957,517
2,920,473

 

累計 48,634,928円

 
◇ 修繕費が資本的支出となった場合の
  税引後キャッシュフロー(CF)推移
 450,975
3,426,219
3,400,913
3,375,043
3,348,600
3,321,569
3,292,300
3,261,230
3,229,468
3,197,001
3,163,813
3,129,887
3,095,207
3,059,756
3,023,517
2,920,473

 

累計 48,695,971円

 

減価償却が終わるまでの15年間のCF累計を
比較すると6万円の違いしかでません。

 

長い目でみればCFに与える影響はありません。
しかし、投資家はできるだけ損金にしたい
と思うことが多いです。

 

 

理由は

 

 

・ 修繕した年のCFが極端に悪化するのを避ける為

・ 本当に15年間 物件を所有しているかわからない

 

 

と考えているからです。

 

 

『損金と資本的支出は長期的にはCFに影響を与えないが、
 短期的にはCFに大きな影響を与える』

 

 

といえます。

 

 

 

修繕費用を考慮した不動産投資シミュレーションが可能な
アセットランクシミュレーターの無料IDはこちらから取得できます。

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー