不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーシ… > メルマガ・ブログの人気… > 不動産投資で金利上昇が…

不動産投資で金利上昇が怖い2つの理由

2018-01-27

おはようございます。

 

 

アセットランク.Com
大塚 博之です。

 

 

今日は金利と不動産投資の
関係性について考えたいと思います。

 

 

低金利だと忘れがちですが

 

 

不動産投資のリスクを考えた時に
空室リスクの次に怖いのが

 

 

「金利上昇」です。

 

 

金利上昇が不動産投資に与える影響で、
まず、思いつくのが

 

 

金利が上昇し、返済額が増加することです。

 

 

例えば、 4,000万円借入して10年後に
金利が1.5%⇒2%に上がるだけでも

 

 

年間15万円以上支払いが増えます。

 

 

借入額が多いほど金利上昇は
不動産経営に大きな影響を与えます。

 

 

そして、見過ごしてしまいがちですが、
もう1つリスクがあります。

 

 

それは、金利上昇による

 

 

「物件価格下落」です。

 

 

金利上昇 ⇒ 物件価格下落
は以下のようにして起こります。

 

 

▼ 金利が上昇する

▼ 支払利息が増加する

▼ 収益をあげるのにより高い利回りが必要になる

▼ 低利回り(物件価格が高い)が売れなくなる

▼ 物件価格の相場が下落する

▼ 所有している物件の価格も下落する

 

 

このような流れで物件価格が低下します。

 

 

金利上昇は、不動産投資にとって
大きなマイナスです。

 

 

このマイナスを打ち消すには
家賃の上昇が必要です。

 

 

家賃上昇のない状況での
金利上昇は収益に大きなインパクトを与えます。

 

 

低金利が続いている、今だからこそ
金利動向のチェックを行うのはもちろん

 

 

どの程度の金利変動まで耐えられるかを
シミュレーションしておく必要があります。

 

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebook・googleアカウントで無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー