不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーシ… > 日経新聞から読み解く不… > 不動産投資に影響を与え…

不動産投資に影響を与える、銀行の利益の出しかた

2018-12-24

 不動産投資を進めるには

 銀行との付き合い(借入)

 は不可欠です。

 

 そこで、付き合う相手の

 気持ちになる為に

 

 銀行はどうやって利益を出して

 いるかについて書きます。

 

 

 まずは、以下の記事を

 読んでみてください。

 

 

 ・・・以下日経新聞引用・・・

 

 長短金利11年ぶり逆転

 米景気後退の予兆か

 

 長めの金利は低下が目立つ。

 10年物国債利回りは2.91%、

 5年物は2.79%とそれぞれ11月の

 

 直近ピーク比で0.3%程度低下。

 一方、低下が限定的な2年物は

 2.80%でとどまっている。

 

 この結果、3日時点で5年と2年の

 利回りは11年半ぶりに逆転し、

 

 指標として注目される10年と

 2年の格差も2007年6月以来の

 狭さになっている。

 

 返済が滞るリスクなどがある

 ため、金利は期間が長いほど

 高くなるのが普通だ。

 

 ・・・引用終わり・・・

 

 

 この記事で、銀行がどうやって

 儲けているか分かります。

 

 それが分かると長期金利と

 短期金利が逆転することの

 何が問題かも分かります。

 

 銀行は、短い期間の金利で

 お金を借りて

 

 長い期間の金利で貸して

 その差で儲けている。

 

 (実際はこんな単純では

 ありませんが基本的な流れは

 変わりません。)

 

 

 そう、もうお気づきだと思いますが

 ご紹介した記事の何が問題かというと

 

 

 短期が長期に追いつくことで

 銀行が儲けにくくなるので貸出が

 減るかもしれないという点です。

 

 

 銀行がどう儲けているかは

 不動産投資には直接は関係

 ありません。

 

 しかし、長期の

 不動産投資シミュレーション

 をする場合は

 

 今後の金利動向がどうなるのか

 銀行の貸出動向はどうなのか

 などを掴んでおく必要があります。

 

 投資期間が長期におよぶ

 不動産投資では

 マクロの動き

 

 特に金利の動向には

 注目しておく必要があります。

 


不動産投資シミュレーションソフト
アセットランクシミュレーターの無料IDを取得する
お名前(姓)
お名前(名)
都道府県
投資物件の所有
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する 利用規約を確認する
※不動産投資シミュレーションを
より深く理解できるメールセミナー付
 

「パートナー不動産会社様募集」

「投資物件の販売を強化したいという不動産会社様」よりのご連絡をお待ちしております。専用サイトを設けております。詳細はこちらからご確認ください。 貴社の物件販売の一助になればと考えております。

不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

■お名前(姓)  (名)
■都道府県
■投資物件の所有

■メールアドレス
■メールアドレス確認
■利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームにご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでメールが送信されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebook・googleアカウントで無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する