不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 不動産投資家がインフレ…

不動産投資家がインフレになった場合にとるべき方法

2013-09-08

本日はインフレになった場合
の対応策についてお伝えしていきます。

 

 

前回、日本でインフレがおこった場合

 

 

時間軸(上昇の順番)
金銭軸(上昇の量)ともに

 

 

『金利上昇 > 家賃上昇、資産価値上昇』

 

 

になる可能性が高いことを書きました。

 

 

その場合
利払い額の増加を家賃収入で賄えなくなります。

 

 

今日は、その対策を考えていきます。

 

 

考えられる対策は

 

 

1 固定金利での借り入れ

 

 

2 繰り上げ返済

 

 

です。

 

 

1はもっとも分かりやすい方法ですが
投資途中での変更は現実的ではありません。

 

 

より現実的な方法の2について考えて生きます。

 

 

金利   期間   借入金
2.20%  25年   59,000,000円

 

 

の条件で総支払額を計算します。

 

 

▼ 金利上昇なし     76,757,426円

 

 

▼ 5年後に5%金利上昇  89,871,734円

 

その金利が5年続く
その後2.2%へ

 

 

1300万円程金利上昇で支払いが多くなります。

 

 

金利が上昇する5年後に
下記繰上返済した場合

 

 

▼ 1000万繰上返済   80,856,409円

 

 

▼ 1500万繰上返済   77,168,346円

 

 

▼ 2000万繰上返済   73,947,918円

 

 

2000万円繰上返済した場合は
5%という極度の金利上昇があっても
総支払額が少なくなります。

 

 

金利上昇に対して“繰上返済”が
効果的なことがよくわかります。

 

 

金利上昇リスクは繰上返済可能な資金を
プールすることでコントロール可能なことがわかります。

 

 

 

不動産投資シミュレーションができる 不動産投資支援ソフト
アセットランクシミュレーターのIDを無料で取得


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー