不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 不動産投資家なら知って…

不動産投資家なら知っておきたい言葉“再調達価格”

2014-03-08

『再調達価格』耳慣れない言葉かもしれません。
再調達価格とは・・・

 

『現在の物価で同じものを調達するための価額』

 

つまり、今ある物件を同じように建築したら
どの位の費用が必要か計算するために使われる数値です。

 

再調達価格は金融機関・保険会社などが
建物の価値を決める際に使います。

 

例えば 

 

・築年数    10年
・耐用年数   20年
・広さ    100㎡
・再調達価格 10万円/1㎡の

 

の建物があるとします。

 

この場合 建物の価値は

 

10万X100㎡÷20年X10年 = 500万円

 

となります。

 

この価格が銀行などで担保価値として
認められる価格になります。

 

再調達価格は建物の種類によって
1㎡当たりの単価が決められており

 

金融機関は

 

1㎡当たり

 

木造  13万~17万

 

鉄骨  15万~20万

 

RC  20万~25万

 

の基準のところが多いようです。

 

これらの基準は銀行によって違います。

 

その為、

 

・ A銀行では 500万円の価値

 

・ B銀行では 550万円の価値

 

ということがおこります。

 

A銀行では融資がされなかったのに
B銀行では融資されたということが
起こる原因の1つになります。

 

また、収益還元法では融資がされそうなのに
融資がされない場合、再調達価格が低く設定され
積算価格が低く見積もられている可能性もあります。
不動産投資家は『再調達価格』
ぜひ、覚えておきたい言葉です。

 

あらゆる不動産投資シミュレーションができる
アセットランクシミュレーターの無料IDは
こちらから取得できます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー