不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 合法的に節税する方法2

合法的に節税する方法2

2014-02-01

『青色申告控除で節税になった!』

 

 

前回のメールでお伝えした青色申告控除が
節税に大きな効果を発揮することはお分かり
いただけたと思います。

 

 

しかし、節税のために、もうひとつ知って
おくべき知識があります。

 

 

それは、『損益繰越控除』です。

 

 

損金繰越控除とは

 

 

青色申告書を提出した事業年度に生じた欠損金を
その各事業年度の所得金額の計算上損金の額に
算入できるもの。

 

 

詳しくは国税庁ホームページ
   ↓
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5762.htm

 

 

つまり、課税対象所得がマイナスになった場合
翌年度以降、プラス分と相殺できるということです。

 

 

繰越期間は

 

 

・ 個人3年

 

 

・ 法人7年

 

 

と決まっています。

 

 

不動産投資の場合、初年度は取得費を
費用計上できるため課税対象所得が
マイナスになる場合が多いです。

 

 

具体例を書くと

 

 

【青色申告のみの場合】

 

 

    課税所得    税金

 

 

1年目 -2,099,619      0
2年目 3,336,457    573,437
3年目 3,661,662    670,999
4年目 3,720,933    688,780

【青色申告+損金繰越控除】

1年目 -2,099,619      0
2年目 1,236,838    185,526
3年目 3,661,662    670,999
4年目 3,720,933    688,780

 

 

2年目に1年目の損金-2,099,619を
繰越して処理しています。

 

 

2年目の課税所得は1,236,838と
少なくなります。

 

 

その効果で、約40万円節税できます。

 

 

今回の例では、2年目で損金すべてを処理できました。

 

 

万が一、2年目で処理できなかった場合も
3年間繰り越して処理することが可能です。

 

 

不動産投資にとって税金は
『もっとも重いコスト』です。

 

 

合法的に節税できる
『青色申告控除 + 損金繰越控除』
は不動産投資家必須の知識です。

 

 

控除額を考慮した収益計算も可能な
アセットランクシミュレーターの無料IDは
こちらから取得できます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー