不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 固定金利で借りるべきか…

固定金利で借りるべきかを判断する方法

2014-12-14

会員の投資家さんから、こんなご質問をいただきました。

 

 

Sさん

 

 

『1億円の借り入れを起こそうと思っています。
その場合に、変動金利と10年固定金利で
借りるのはどちらが得でしょうか?

 

ちなみに、元利均等 25年返済
変動 2.1% 固定 2.9%が条件です。』

 

 

固定金利、変動金利のどちらで借入するかを
検討する際に考え方が参考になると思い
メールでご紹介します。

 

 

『アセットランクシミュレーター』の
ローン計算表を使って試算しました。

 

 

▼金利上昇が一切ない場合は

 

 

総支払額

 

 

変動  128,621,758
⇒ 差額 △12,086,029円
固定  140,707,787

 

 

約1,200万円変動金利が得です。

 

 

▼変動金利が5年目から1.2%→3.3%となった場合

 

 

総支払額

 

 

変動 141,718,501
⇒差額 1,010,714円
固定 140,707,787

 

 

この場合は固定金利が得になります。

 

 

+1.1~1.2%の金利変動が5年以内に
あるかどうかが判断のポイントに
なるのがわかります。

もう1パターンを考えて見ましょう

 

 

▼金利が3.3%に変動する時に、5年目まで
金利が低かった分の支払い差額 1,933,776円
を繰上げ返済 返済期間を短縮した場合

 

 

総支払額

変動 139,836,209円
⇒差額 △871,578円
固定 140,707,787円

 

 

繰上返済をした場合には
10年固定よりも変動金利の方が得になります。

 

 

今回の条件では、”変動金利を選択する”
のがいいと結論づけました。

 

 

とくに、繰上げ返済を考えた上で
変動金利を選択するのがベストでは
ないかと思います。

 

 

もちろん、

 

 

▼ もっと早い段階で金利変動が起こる

 

 

▼ 1.2%以上の金利上昇が起こる

 

 

場合は、結論が異なります。

 

 

このあたりは金利の決定要因である

【借入金利=銀行調達金利+貸出先リスクプレミアム+銀行利益】

 

 

【銀行の調達金利=インフレ率+潜在成長率+リスクプレミアム】

 

 

【日本の経済状況、世界の経済状況、ご自分の与信力など】

 

 

をどう考えるかです。

 

 

心配されて固定金利にされる場合も多いと思います。

 

 

しかし、今回のように変動金利の方が得な可能性も
多数あります。

 

 

1分間で終わるシミュレーションですので
ぜひ、お試しください。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー