不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 国債投資にはない不動産…

国債投資にはない不動産投資の魅力

2015-02-28

前回のメールで1,000万円を
国債に投資した場合と不動産に投資した場合

 

10年後にいくら回収できるのかを
シミュレーションしました。

 

※前回のメールをご覧になっていない場合は
こちらからご確認ください。

 

建物の劣化(償却)を考えた場合

 

▼国債投資  11,046,221円

 

▼不動産投資 11,007,853円

 

とリスクの低い国債投資のリターン額の方が
大きくなる可能性について書きました。

では、不動産投資は魅力的でないのか?

 

実は、不動産投資には国債投資にはない

 

大きな魅力があります。

 

それは、『レバレッジ(借入)』の力です。

 

レバレッジ(借入)の力を使った瞬間に
国債とは比較にならないリターンを生み出します。

 

前回、同様に表面利回り9.7%の物件で
シミュレーションをします。

 

ただし、今回は1,000万円の自己資金に
2,000万円のレバレッジ(借入)を使って

3,000万円の物件に投資をします。

 

この時10年後に返ってくる金額は
『13,195,565円』になります。

 

 

 

国債投資と比較すると

 

▼国債投資  11,046,221円

 

▼不動産投資 13,195,565円

 

と200万円以上多くなります。

 

リターン率は

 

▼国債投資  約1%

 

▼不動産投資 約5.2%

 

と4%以上

 

不動産投資のリターンが大きくなります。

 

レバレッジ(借入)を使った場合と
使わない場合では、

 

不動産投資の魅力に大きな違いがあることがわかります。

 

では、『レバレッジは万能なのか?』
そんなことはありません。

 

レバレッジにも当然リスクがあります。

 

次回はレバレッジを使った
不動産投資のリスクについて書きます。

 

 

 

 

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー