不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 大家さんが注意して確認…

大家さんが注意して確認する必要がある項目

2014-11-02

不動産投資を考えた際には、
ついリターンについてばかり考えがちです。

 

しかし、大家業を長く続けていくには
リスクコントロールをしっかりしていくことが重要です。

 

リスクが高まっていないかを一目で確認できる
便利な指標が、何度かご紹介しているDCRです。

 

▼DCRとは(Debt Coverage Ratio)
    

 

 『ネット収入 (経費を引いた実質収入)
    / 支払額(元金+利息の返済額)』

 

 年間ネット収入を年間の元利返済額(ADS)で割り出した数値です。
 不動産投資によるリスクを回避するための指標です。

 

 ローン返済額の何倍ぐらいの実質収入があるかを判断できます。
 投資計画における安全性を確認する大きな目安となっています。
 この数値は高い方がより安全性が高いと判断できます。

 

大家業が破綻をむかえる時は

 

『収入 < 銀行への支払』

となった時です。

 

DCRは、収入が支払額の何倍あるかを表した指標です。

 

DCR = 1.1ならば、破綻まで10%の余裕
DCR = 1.2ならば、破綻まで20%の余裕

 

という表現ができます。

 

例えば、DCRが1.1の物件を持っている場合
ネット収入が11%減るか、支払額が11%減ることで
破綻につながってしまいます。

 

つまり、現状より空室率が10%以上増えれば
即危険信号となります。

 

即破綻する危険性の少ない
DCR水準は、最低でも1.2以上

 

できる限り1.3以上の水準を目標とする必要があります。

 

DCRを確認することでリスクコントロールを
することは、賢い大家さんにとっての必須項目です。

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー