不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 年収1000万円の人と…

年収1000万円の人と年収500万円の人  どちらが、不動産投資の収入が多いと思いますか?

2012-12-08

◆年収1000万円の人と年収500万円の人
 どちらが、不動産投資の収入が多いと思いますか?

 

 『え、同じじゃないの?』
 
 実は、本当の手取り額(税引き後キャッシュフロー)
 が10%以上違う可能性があります。

 

◆例をあげて計算してみます。

 

 物件価格 5000万円

 家賃収入   45万円/月

 建物 木造新築 価格2000万円 

 全額自己資金で投資

 

 で比較してみます。

 

 年収1000万円の人も500万円の人も
 基礎控除などが税控除が150万円として
 課税所得850万円、350万円で計算します。

 

◆結果は

 ▼年収1000万円の人

     税引き後キャッシュフロー
 1年目     4,321,200円
 2年目     3,293,966円

  
 ▼年収 500万円の人 

     税引き後キャッシュフロー
 1年目     4,321,200円
 2年目     3,508,599円

 

  1年目は取得費用を経費化している為
 課税所得がマイナスなり
 税金を払っていませんので変化はありません。

 

 しかし、2年目から年間30万円もの違いがでてきます。
 約10%も年収の多い人は少ない人より手取り収入が
 少なくなります。

 

◆不動産投資は収入が多い人の方が有利と
 考えられがちです。
 
 しかし、税金の視点で見ると
 収入が少ない人の方が有利です。
 

 さらに、借入金がある場合
 年数が経つごとに手取り収入の差が
 広がっていきます。

 これは、利息分の経費額が少なくなり
 課税対象額が多くなるからです。

 

 
不動産投資支援ソフトAssetRankSimulatorのIDを無料で取得


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー