不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 木造よりもRCの方がキ…

木造よりもRCの方がキャッシュフローで有利な理由

2017-03-19

おはようございます。

 

 

アセットランク.Com
大塚 博之です。

 

 

 

■木造⇒22年
■RC⇒47年

 

 

 

ご存知の税務上の法定耐用年数です。

 

 

法定耐用年数は、減価償却の期間という意味合いとは
別に、 もう一つ重要な意味を持ちます。

 

 

それは

 

 

『銀行から借入できる期間』
という意味合いです。

 

 

銀行により、数年のずれはあると思いますが
投資用のローンは基本的に 法定耐用年数以上は組めません。

 

 

新築の場合

 

 

 

■木造⇒22年
■RC⇒47年

 

 

が借入の最長期間となります。

 

 

これが、木造よりもRCのキャッシュフローが
多くなる理由の原因となります。

 

 

では、キャッシュフローにどの程度の影響が
あるのかを例を使って確認してみましょう。

 

 

木造とRCで借入を最長期間行った場合の
返済額の比較をします。 (RCの借入は35年としています)

 

 

【5,000万円借入 ローン年数22年 2.5%】
不動産投資ローン年数22年

 

 

【5,000万円借入 ローン年数35年 2.5%】
不動産投資ローン年数35年

 

 

ローン年数の長いRCの方が
年間で100万円近く返済額が少なくなります。

 

 

つまり、返済した後に残る 現金が100万円
増加することになります。

 

 

一般的な常識からすると

 

 

『借入期間は短い方がリスクが低い』
と思いがちですが

 

 

キャッシュフローの視点からは
『借入期間が長い方がリスクが低い』 と言えます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー