不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 物件価格が積算価格より…

物件価格が積算価格より低ければ、本当に割安か?

2014-05-24

『積算価格より、だいぶ安い価格で物件を買えそうだよ』

 

積算価格とは・・ 
『土地面積 X 平米単価(主に路線価) 
        +
建物面積 X 平米建築単価 ÷ 法定耐用年数 * 残存年数』 

 

  

一言で書けば、物件の“現在”の資産価値を表していると言えます。

 

では、『積算価格 > 物件価格』であれば本当に割安なのか?
実は、単純にそうとも言えません。

 

 

 

理由は
・ 将来 積算価格が大幅に下落する可能性
・ 空室等の増加で収益をあげられない可能性

 

があるかです。

 

いくら、積算価格が割安でも、将来、大きく下落する。
キャッシュをもたらしてくれない。

 

のでは価値がありません。

 

積算価格は、物件の価値を見極める目安になります。

 

しかし、積算価格だけで、割安・割高を判断するのは
危険です。

 

確かに、『積算価格 > 物件価格』の場合
銀行からの融資は受けやすくなります。

 

しかし、重要なのは

 

『将来、積算価格の下落率が低く、しっかり
キャッシュがでる物件を選択する』
ということです。

 

あくまでも、積算価格は現在の価値を表したもので
将来の価値については考慮されにくい指標です。

 

『現在、物件価格が積算価格より割安だから』

 

だけではなく

 

『将来、キャッシュをしっかり受け取れるから』
という視点も加味して投資する必要があります。

 

 

 

積算価格の計算も楽々できる
アセットランクシミュレーターの無料IDはこちらから取得できます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー