不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 空室率を下げる過激な方法

空室率を下げる過激な方法

2013-01-06

空室対策に効果が期待できる過激な方法を
ご存知ですか?
ただし、劇薬なので副作用も大きいです。
 
 
それは”フリーレント”期間を設ける方法です。
 
フリーレントとは2,3ヶ月とただで入居できる期間を
設けて入居者募集することです。
 
 
最近、フリーレント期間を設けて入居者募集する物件が増えています。
2ヶ月程度のフリーレント期間を設ける物件が多いようです。
5ヶ月というところも見たことがあります。
 
フリーレントは、空室対策に効果があります。
しかし、副作用も強力で不動産投資で一番大切な
キャッシュフローに大きな影響をあたえます。
 
 
例えば、家賃10万円、10室のマンションで
5室をフリーレント期間2ヶ月で募集した場合
 
フリーレント無  家賃収入/年 1200万円
フリーレント有  家賃収入/年 1100万円
 
年間100万円 約10%家賃収入に差がでます。
 
 
フリーレント期間を設けて、入居者募集をする場合、
不動産投資分析をして家賃収入がどのくらい減少し
投資効率にどんな影響があるかを考える必要があります。

 

 
不動産投資支援ソフトAssetRankSimulatorのIDを無料で取得


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー