不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 銀行が融資する際の物件…

銀行が融資する際の物件価格の計算方法

2014-12-06

「キャッシュフローはプラスなのに、
銀行が融資してくれなかった」

 
という話を聞く時があります。

 
この場合、銀行が融資をしてくれなかった理由は

 
『積算価格が自分の予想より低く計算された』
という可能性があります。

 
一般的な積算価格の計算方法は

 
『土地面積 X 平米単価

建物面積 X 平米建築単価 ÷ 法定耐用年数 * 残存年数』

 
です。

 
しかし、積算価格はなかなかの曲者で
銀行によって計算方法が違います。

 
例えば、A銀行ではRCの耐用年数を40年で計算
ところが、B銀行では35年で計算している

 
ということが起こります。

 
また、建物の平米単価も、20万円で計算したり、
18万円で計算したりします。

 
築10年 500平米

 
A 耐用年数 40年  単価20万円
B 耐用年数 35年  単価18万円

 
で、積算価格を計算すると

 
A 77,500,000円

 
B 66,857,143円

 
と約1100万円評価額が違います。

銀行融資がうまくいかずに
『なぜ?』と思った場合には

 
積算価格計算の違いかもしれません。

 
土地に関しても、公示地価で計算するのか
路線価で計算するのかなど銀行によって
計算方法が違います。

 
物件の評価方法(積算価格の計算方法)は、
銀行の重要機密ですので
公表されることはありません。

 
また、景気や不動産価格の推移によって
計算方法を変更します。

 
融資をなかなかうけられない場合には
積算価格の評価はどうなのか銀行に聞くと
いいかもしれません。

 

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー