不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 銀行が融資をする際の条件

銀行が融資をする際の条件

2014-10-11

収益シミュレーションをすると
しっかり収益がでるのに、

 

融資の申し込みをしても、銀行から
まったくいい返事がもらえない。

 
こんな経験をされたことがあるかもしれません。

 

こんな場合の融資を受けられない原因の1つは
『シミュレーションの設定条件がずれている』
ことです。

 

不動産投資シミュレーションをする場合
取得の諸費用、固定資産税など維持費用は
投資する直前まで分からない場合が多いです。

 

 

また、空室率などについても、未来を予測するのは
非常に困難(まず不可能)です。

 

つまり、融資の申し込みをする時点では
概算でしかシミュレーションができないということです。

 

この概算で入れるシミュレーションの設定条件が
ずれているといい物件と思っても、

 

銀行のシミュレーションの設定条件と大きくずれて
うまく融資を受けられない可能性があります。

 

では、どのような設定条件でシミュレーションをする
といいのかを書くと

 

◆ 物件取得費用 → 物件価格の7~10%

 

◆ 維持管理費  → 家賃の15~20%

 

◆ 空室率    → 15~20%

 

◆ ローン年数  → (法定耐用年数-築年数より短い年数)

 

◆ 金利     → 3~4%

 
この範囲内ならば、銀行のシミュレーション条件と
大きくずれる可能性は低いです。

 

細かい条件は銀行の内部でしか分からない為
上の数値のできるだけ厳しい条件で
シミュレーションをすることをお勧めします。

 

できるだけ厳しい条件で計算して
DCRがある一定以上の数値であれば
融資を受けられる可能性が高まります。

 

DCRの詳細について、次回メールに続けます。

 

 

DCRを考慮したシミュレーションも可能な
アセットランクシミュレーターの無料IDはこちらから取得できます。


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー