不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 銀行融資の空室率基準は…

銀行融資の空室率基準は○%

2016-04-03

アセットランク.Com
大塚 博之です。

 

「銀行から借入できるかな?」

 

と思った時に

 

収益シミュレーションを行う場合のポイントは

 

『銀行が、どんな基準で収益還元法の
計算を行っているか?』

 
を意識することです。

 
そこで、今日は銀行の空室率基準について書きます。

 
多くの銀行は

 
『空室率20%』程度で
収益シミュレーションをします。

 
当然、銀行によって空室率の
基準は異なります。

 
ただ、銀行の方の話を聞いていると、

 
融資をする際の空室率の基準を
20%程度で考える場合が多いようです。

 
全国平均の空室率が16~18%程度なことを
考えると妥当な数値だと言えます。

 

しかし、空室率を20%も考慮された上で、
キャッシュフローが安定しているか?

 
を審査されることを考えると
なかなか厳しい基準です。

 

ただ、視点を変えると

 
『20%の空室率を見込んでも
キャッシュフローがプラス』

 
というのは投資する際の安心材料にもなります。

 
『空室率20%でもキャッシュフローがプラスか』

 
は投資を決定する際の1つの基準になります。

 

参考にシミュレーションをなさってください。

 

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー