不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > 不動産投資家ならば知っ…

不動産投資家ならば知っておきたい知識

2014-01-18

『土地価格って色々あってややこしいよな』

 

 

こんなことを思うことがあると思います。

 

 

確かに

 

 

・ 公示地価
・ 基準地価
・ 路線価
・ 固定資産税評価額

 

 

プラス、本当に物件を買う時の価格

 

 

・ 市場価格

 

 

があります。

 

 

いくつもあるので少しややこしく感じますが
整理して考えればそうでもないです。

 

 

▼ 不動産鑑定士が調査して発表する価格

 

 

・ 公示地価 → 1月1日時点の価格を3月に発表
         (国土交通省)

 

 

・ 基準地価 → 7月1日時点の価格を9月に発表
         (都道府県)

 

 

▼ 税金計算に使われる価格

 

 

・ 路線価→  公示地価を基に価格設定される
          公示地価の約8割
         (相続税計算に使用)

 

 

・ 固定資産税評価額→ 公示地価を基に価格設定される
                公示地価の約7割
                (固定資産税計算に使用)

 

 

区分けするとこうなります。

 

 

公示地価・基準地価に関しては実際に売買される価格とは
大きく乖離している場合が多いので参考程度と思って
使用するほうがいいです。

 

 

路線価・固定資産税評価額は
『この土地の税金支払いはどのくらい?』
と思った時に使うと便利です。

 

 

また、http://www.rosenka.nta.go.jp/
のページで調べた路線価を使って

 

 

路線価 ÷ 80% ≒ 公示地価

 

 

路線価 ÷ 80% x 70% ≒ 固定資産税評価額

 

 

という計算も可能です。

 

 

土地価格もこのように整理して考えれば
難しくありませんので、ぜひ、参考にしてください。

 

 

投資シミュレーションができる 不動産投資支援ソフト
アセットランクシミュレーターのIDを無料で取得


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー