不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > 不動産投資市況が変わりつつあります。(2010年7月の記事です)

不動産投資市況が変わりつつあります。(2010年7月の記事です)

2013-05-31

ここ1ヶ月位、不動産投資へ資金が
流れ始めたというニュースが
目立つようになりました。

 

◆ 外資不動産投資 復調の兆し

 
◆ 地価下げ止まりの兆し? 欧米勢、買いに動く

 
◆ REITの資金調達、「リーマン」前を回復

 

ただ、すべて、

 
『大きなファンドにお金が流れ始めた』
という記事です。

 

不動産価格上昇前の順序を書いてみると

 

▼新聞などで不動産価格がさらに下落
 という記事が目立つようになる

 
       ↓

 
▼REITなど大手ファンドの
 不良物件処理が進んでいる

 
       ↓

 
▼銀行の大手ファンドなどへの
 融資姿勢が緩みはじめる

 
       ↓

 
▼ファンドが割安になった
 物件を購入し始める

 
       ↓

 
▼新聞などにファンドが物件取得の
 ニュースが伝わる

 
       ↓

 
▼属性のいい個人不動産投資家への
 融資姿勢が変化する

 

▼ファンドが割安になった
 物件を購入し始める

 
が2009末~2010初

 

▼新聞などに取得のニュースが伝わる

 
が2010/4月~現在

 
のように思えます。

 
しかし、すでに

 
▼属性のいい個人不動産投資家への
 融資姿勢が変化する

 

の状況に入っています。

 
不動産投資仲間と話をしていると、
属性のいい人への、銀行の融資姿勢が
変化しているのを感じられます。

 

また、○○建託、レオ○レス、○建
などの営業活動も活発になっています。

 
銀行から融資を引っ張りやすく
なっているのも1つの理由のようです。

 
まだ、まだ、メディアには
出てこない情報です。

 
しかし、1年前とは雰囲気が変化しています。

 
まだ、市況が悪いと思われている
ここ半年位が、安く、優良な投資物件を
手に入れるチャンスかもしれません。

 

不動産投資シミュレーションができる 不動産投資支援ソフト
アセットランクシミュレーターのIDを無料で取得

 

 

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ