不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > ご紹介、平均の退去期間は何年

ご紹介、平均の退去期間は何年

2013-03-12

『ようやく、これで満室だ』

 

『すみません、来月で退去させてください。』

 

退去までの期間(解約率)は、
1年間で何%位引越しで出て行くか
という意味です。

 

5%、10%、15%・・・・・・・

 

どのくらいだと思いますか?

 

何と、

 

☆ 単身世帯で25%

 

☆ ファミリー世帯で20%

 

と言われています。

 

お~、結構高い%だと思われたんではないでしょうか?

 

20戸のワンルームマンションだとすると、
1年でそのうち5戸は引越していくということです。

 

つまり、4年で全員いなくなる計算になります。

 

退去割合が、比較的低いと思われている
ファミリー世帯でも20%なので、
5年後には同じ人が住んでいない計算になります。

 

こう考えるとゾッとしますよね。

 

ただ、この数値を頭に置いておくと、
投資分析の際に空き室率を考える参考になります。

 

また、平均の解約率より、人の出入りが激しい場合は
何か問題があるのかもしれないと、
疑問を持つきっかけになります。

 

逆に、平均的な退去年数よりも長く住んでいただける
ようならば、退去後も強気の家賃設定ができるかもしれません。

 

今回、ご紹介したような平均値を知っておくだけで
投資分析、判断をする際に、まったく違った視点で
考えることができるようになります。

 

どんなに優秀な賃貸経営をしていても、
退去があることを考えると
数%~10数%の空き室率は避けられません。

 

必ず、退去期間などに合わせた
不動産投資分析が必要になります。

 

 

 

 

不動産投資支援ソフトAssetRankSimulatorのIDを無料で取得

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ