不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > 不動産投資が安定した投資な理由

不動産投資が安定した投資な理由

2018-07-01

不動産投資、大家業は安定している。

 

 

 

 

その理由の一つが分かる記事が少し前の日経新聞に
掲載されていました。

 

 

 

 

以下引用


 

 

 

日経新聞 経済教室より以下引用

 

 

 

 

家賃はこのどちらなのか。表は、東京都区部の賃貸物件5万3000戸の
月々の家賃支払額データを用いて筆者らが調べた結果である(期間は10~14年)。

 

 

 

 

東京では2年間の家賃契約が結ばれることが多いが、契約更新時に家賃が
据え置かれる割合は96%であり、引き下げ(3%)や引き上げ(1%)を

 

 

 

 

大きく上回っている。また、店子(たなこ)が交代し新規に契約が結ばれる場合でも、
据え置きの割合は87%と高い。

 

 

 

 

契約切り替え時の家賃の変化(東京都区部 2010~2014年)
 契約切り替え時の家賃の変化

 

 

 

 

引用終わり

 

 

 

東京都区部での調査というのもあると思いますが

「思った以上に安定しているな」

 

 

 

 

というのが印象です。

 

 

 

 

人口減少(需要)と物件増加(供給)
により空室が問題になる中でも

 

 

 

 

家賃が下落している割合はわずか7%です。

 

残り93%が家賃上昇か、据え置きです。

 

 

賃貸業界は、需要減少と供給増加
の典型的な不況業界の構造です。

 

 

 

 

他の業界で、このような状況になった場合は
価格がどんどん下落していき、バタバタと倒産していきます。

 

 

 

 

しかし、賃貸業界はそうなっていません。

 

 

 

 

空室率の低い、しっかりした場所に投資できれば

安定して投資できる可能性が高いことが分かるデーターです。

 

 

 

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ