クラウド型不動産投資ツール アセットランクシミュレーター 2009年から4,591人以上の投資家さん、大家さんにご利用いただいている、投資検討(利回り・キャッシュフロー・返済分析等)から売却戦略(IRR・売却キャッシュフロー等)迄のトータルなシミュレーション・分析・管理を行える不動産投資ソフトです

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > 不動産投資で破綻しない為に重要な指標

不動産投資で破綻しない為に重要な指標

2016-10-15

おはようございます。

 

 

アセットランク.Com
大塚 博之です。

 

 

不動産投資、大家業が破綻する
典型的なパターンは

 

 

『家賃収入 < 返済額+管理費』

 

 

の形になった時です。

 

 

では、不動産投資を続けるために
このようなパターンにならない為に

 

 

チェックし続ける必要のある指標が

 

 

『BE%』 です。

 

 

BE%・・・

 

 

『(維持管理費合計 + 支払額(年)) / 潜在的総収入(年)*100』

 

 

損益分岐点を求めることにより
投資の安全性が確認できます。

 

 

数値が低いほど安全性が高いです。

 

 

例えば、この数値が50%ならば家賃収入が約半分に
なっても破綻しないという判断ができます。

 

 

BE%は1年だけ見てもあまり意味がありません。

 

 

以下の図のように

 

 

時系列で把握しておくことが重要です。

 

 

理由は、

 

 

『設備の老朽化等で家賃収入は、年々減少し、
修繕費等の管理費が増えてていく可能性が高い』

 

 

からです。

 

 

BE%は目安として70%以下であれば
健全な賃貸経営がされていると判断できます。

 

 

70%以上の場合は、家賃下落、空室率増加など、
変化に弱い状況になっていると言えます。

 

 

家賃がどこまで下落したら、
BE%が70%を上回るのか?

 

 

空室率がどこまで増加したら
BE%が70%を上回るのか?

 

 

をチェックすることで
安定した賃貸経営が可能になります。

 

 

投資検討~出口まで利用できる
不動産投資ツール アセットランクシミュレーター