不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > 不動産投資と税金について、もう一度考える

不動産投資と税金について、もう一度考える

2020-08-31

おはようございます。

 

アセットランク
大塚 博之です。
 
不動産投資シミュレーションを
行う際に、ついつい、
物件の事ばかりに着目してしまいます。
 
しかし、実際は物件情報だけでは
シミュレーションはできません。
 
個人の属性に関する情報も
加味する必要があります。
 
この情報を加味したシミュレーション
を行わないと、投資の意思決定を
行うことを考えると
かなり不完全な物となります。
 

 

重要な情報とは

 
重要な情報とは
 
「物件での収入以外の収入額」
 
正確に書くと課税所得額です。
 
源泉徴収票サンプル

 
ちなみに、課税所得額とは
画像の源泉徴収票のサンプルだと
 
「支払金額 - 各控除額」
 
した金額です。
 
かなり、ざっくりした表ですが
扶養家族無の場合には
年収→課税所得額の関係だと
以下の表のようになります。
 
年収と課税所得額
 

 

課税所得での変化

 
それでは物件の収入以外の
課税所得でどの程度
投資効率に影響があるかを
サンプル物件で検証します。
 
■サンプルの概要
物件価格:1.2億円
表面利回:8%
自己資金:10%
 

年収による不動産投資成績の比較表

 

物件の投資成績が分かり易いように
税金は投資物件分とその他の所得分
で案分してあります。
 
赤枠で囲ってある2030年の投資成績
を比較すると分かるように
数百万円単位で税引後CF累計が
変化していることが分かります。
 

 

税金と不動産投資

 
メールセミナーでも何度も
書いていますが
不動産投資は税金との戦い
になりがちです。
 
シミュレーションも税金を
考慮した形で行うのが必須です。
 
本日のメールセミナーで
サンプルを示しましたが
 
個人の所得に関する部分ですので
やはり、個別にシミュレーションを
行わないと傾向を掴めません。
 
アセットランクシミュレーターでは
時系列情報入力画面の
その他課税所得欄を利用する事で
簡単にシミュレーションが可能です。
 
シミュレーションの際には
必ず、入力されて結果を
確認されることをお勧めします。

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ