不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > 投資物件に、いい物件も、悪い物件もない

投資物件に、いい物件も、悪い物件もない

2014-11-29

投資家や、大家さんと話をしていると

 
「あの物件はいい物件か悪い物件か」
といった話になります。

 

しかし、この会話には
あまり意味がありません。

 

理由は

 

『Aさんにはいい物件でもあなたには悪い物件』
かもしれないからです。

 

例えば

 

Aさんは純資産 数十億円を保有するお金持ちで
不動産投資の目的は、資産防衛の為に
現金から不動産への資産変えだとします。

 

この場合、Aさんが、どんな物件をいい物件だと
言うかを想像すると

 

『都心の人気エリアの築浅物件』

 

ということになります。

 

このような物件は表面利回りで3~5%程度
の収益性である可能性が高いです。

 

不動産投資で収益を上げることを考えれば
こんな物件では投資になりません。

 

投資で高い収益をあげることが
一番の目的の場合、いい物件ではありません。

 

しかし、Aさんにとってはいい物件です。

 

不動産投資のいい物件、悪い物件は
▼ その人の資産額

 
▼ その人のリスク許容度

 
▼ その人の不動産投資に対するスキル

 
などで変わります。

 
このあたりを理解しないで

 
「あの物件はいい物件か悪い物件か」
という会話をすることに意味がありません。

 
いい物件か、悪い物件かは
その人の不動産投資の目的によって決まります。

 

 

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ