不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > 損益分岐点を知る重要性

損益分岐点を知る重要性

2013-07-13

『空室率に対する余裕がないですね。』

 

空室! できれば考えたくありません。
しかし、不動産投資をしているかぎり
空室はかならずでます。

 

空室などのリスクに対して
どの程度余裕があるか確認する指標が

 

【BE%】です。
 
▼計算式 
 『(維持管理費合計 + 支払額(年)) / 潜在的総収入(年) * 100』
 
◆説明文 
  損益分岐点の%を求めることにより
  投資の安全性が確認できます。
  数値が低いほど安全性が高いといえます。
  70%以下がひとつの目安です。

 

 

BE%が低ければリスク許容度が
高いことになります。

 

BE%は単年だけの確認では不十分です。

 

なぜなら、金利上昇や思わぬ修繕などによって
維持管理費、ローン支払額が違ってくるからです。

 

リスクの低い不動産投資をする為に
年ごとのBE%を確認しておく必要があります。

 

また、70%を超える年がある場合
対策案がないか考える必要があります。

 

 

 

不動産投資シミュレーションができる 不動産投資支援ソフト
アセットランクシミュレーターのIDを無料で取得

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ