不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > 日経新聞から読み解く不動産投資 > 海外での不動産投資

海外での不動産投資

2018-12-10

 少し前ですが海外での不動産投資を

 検討したことがありました。

 

 場所はタイ、マレーシア、マカオ等

 の東南アジアです。

 

 結局は、訳あって投資をするのを

 やめたのですが、

 

 投資した方に聞いていると、

 かなり価格は上がったようです。

 

 あちらへの投資は日本での投資と

 異なって、インカムゲインよりは

 キャピタルゲイン狙いの投資です。

 

 こんな記事が1か月程前ですが

 紙面を賑わせる位ですので

  

 キャピタルゲイン狙いも

 可能なようです。

 

 

 ・・・以下日経新聞引用・・・

 

 東南ア、高級マンション熱

 日本勢開発相次ぐ

 

 日本の大手不動産・住宅メーカー

 や商社が東南アジアで高級分譲

 マンションの開発を加速している。

 

 日系全体で過去5年間に3万戸強を

 供給したが、今後約5年間で2倍強

 の約8万戸を供給する計画だ。

 

 経済が好調でマンションの購入熱が

 高まっているほか、日本で培った

 設計ノウハウや仕様が、

 

 日本と体格が似る東南アジアで

 生かしやすいのもメリットだ。

 

 富裕層を中心に「6億人市場」

 の旺盛な需要を一段と取り込む。

 

 ・・・引用終わり・・・

 

 

 なぜ、価格が上がっている

 のか考えると

 

 1.経済成長

 

 2.人口増加

 

 3.インフレ

 

 の3つが大きな要因です。

 

 3のインフレは

 

 日本から投資をすることを考えると
 為替で相殺されてキャピタルゲイン

 にはあまり影響がありません。

 

 日本からこれらの国に投資する

 意思決定をする大きな理由は

 1.2になります。

 

 もし、投資を検討される場合は

  

 1.2が進む国から検討を始めて

 絞っていくのが良いのかなと

 思います。

 

 

 ただ、私の場合もそうだったの

 ですが税務等のルールがかなり

 異なる為

 

 日本のように自分で

 シミュレーションしながら

 

  

 意思決定しいくのは難しい

 場合もあるので

 

 ある程度はエージェント

 任せになってしまうかもしれません。

 

 この辺りは、自国(日本)への

 不動産投資とは異なるところかな

 と思います。

 

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ