不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > あの数値が60%以下なら、次の物件が手に入りやすいかもしれません

あの数値が60%以下なら、次の物件が手に入りやすいかもしれません

2013-04-13

◆『BE%は60%以下で
 ○判定する方がいいと思うな』

 
 これは、本も出版している著名な
 不動産投資家の意見です。

 

 BE%とは

 
 ▼計算式 

 
 『(維持管理費合計 + 支払額(年)) / 収入(年) * 100』

 
 損益分岐点のパーセンテージを求めることにより
 投資の安全性が確認できます。
 数値が低いほど安全性が高いといえます。

 

◆『アセットランクシミュレーター』の
 初期設定では、70%以下で
 ○判定がでるようになっています。

 
 しかし、今回意見をもらった
 不動産投資家の話では、

 
 『銀行から、次の物件を購入する際の
 借り入れをしやすくすることを考えると
 損益分岐点(BE%)は60%以下に保った方がいいよ』

 

 
 BE%を60%以下で保っている
 不動産投資家は、融資の際に
 銀行の見る目が違うと言うのです。

 
 確かに、40%も赤字になるまでに
 余裕があれば、融資する立場に
 なって考えれば、

 
 “貸しやすい”だろうな
 というのはうなずけます。

 
◆あなたの物件の
 BE%はどの位でしょうか?

 
 ぜひ、『アセットランクシミュレーター』
 デフォルト設定機能を使い

 

 60%に設定した上でどんな判定がでるか
 ご確認ください。

 

 

 不動産投資支援ソフトAssetRankSimulatorのIDを無料で取得

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ