不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > 日経新聞から読み解く不動産投資 > 不動産投資を進める為に意識しておきたいこと

不動産投資を進める為に意識しておきたいこと

2018-11-12

先日、こんなニュースが
報道されました。
 
 

・・・以下日経新聞引用・・・

 

伊藤忠、中国事業で損失先行 
CITIC株1400億円減損

 

伊藤忠商事は2日、10%を出資する
中国国有企業、中国中信集団(CITIC)
 
の株式を減損処理し、
1433億円の損失を計上したと発表した。
 

・・・以日経新聞引用終わり・・・
 
 
「減損」という言葉を聞いたことが
あると
思います。

 
簡単に説明すると

 

「買った時の価格より価値が下がったので

 会計上損失を出す」

 

ということです。

 

例を挙げると

 

▼1,000万円で買った株の価値が

 500万円になったので500万円減損する

 

▼1,000万円で買った機械で年間

50万円の売上を出すつもりだったが

 

実際は25万円しか売上がなかった

ので500万円減損した

 

こんなイメージです。

 

※かなり単純化しているので
実際の会計処理とは異なります。

 

 

この考え方、実は不動産投資でも

必要です。

 

 

例えば、

 

▼5,000万円で買った物件
今売ると3,000万円でしか売れない。

 

▼100万円の家賃収入を見込んで
いたけど
実際は75万円だった。

 

こんな場合、上場企業であれば

確実に、減損対象になります。

 

 

個人の場合は、もちろん減損を厳密に
会計処理することはありません。

 
しかし、個人でも減損が必要な
価値しか
ない不動産であることは
 
認識しておく必要があります。

 

なぜなら、出口を迎えた際に、
物件の実際の価値を知らずに

 

売却したら、実は投資として
マイナスでした

 

という悲惨な結末を防ぐ為です。

 

 

不動産投資を始めたら、最低でも

1年単位で、現在の物件価値を調べて

 

その価格で出口を迎えた場合に

投資として成功できるのかを

 

しっかりシミュ―レーションして

出口戦略を立てることが重要です。

 

 

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ