不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > メルマガ・ブログの人気記事 > 投資資金の調達コストがわかる指標

投資資金の調達コストがわかる指標

2014-07-19

資金調達コストといわれれると
つい、借入の金利だけに目がいきます。

 

しかし、自己資金もタダではないことを
前回のメールでお伝えしました。

 

今日は、借入コストと自己資金コストを
数値で表す指標 WACCについてお伝えします。

 

不動産投資でWACCを使用する場合
こんな考え方をします。

 
rE = 自己資金目標利回り  2.50%        
rD = 金利         3.00%        
D  = 借入額     100,000,000        
E  = 自己資金額   10,000,000        
T  = 実効税率        0%(単純化する為に0にしています)

 

            
[rE × E/(D+E) ] + [rD×(1-T) × D/(D+E)]            

 

            
WACC    2.95%        

 

 

この計算何をしているかというと
借入の調達コストと自己資金の調達コストを案分して
投資案件の調達コストをもとめています。

 

WACCはIRR(総購入コストに対する)と
比較して投資効率を考えます。

 

IRRがWACCを超えるようならば
投資として成功ということになります。

 

 

 

不動産投資シミュレーションが可能な
アセットランクシミュレーターの無料IDはこちらから取得できます。

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ