不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーシ… > 日経新聞から読み解く不… > 日経新聞のマンション動…

日経新聞のマンション動向に関する記事

2019-10-18

 2019年4月~9月の

 データですが価格は、

 まだ、上昇しています。

 

 

 ・・以下引用・・

 

 2019/10/17 日経新聞

 

 首都圏マンション需要なき

 価格上昇 28年ぶり6000万円

 

 建設費の上昇で価格が

 高騰したため売れ行きは

 鈍化しており、

  

 契約率も11年ぶりの

 低水準となった。

  

 需要が低迷する中で

 価格が高騰する異常な

 事態になっている。

  

 ・・引用終わり・・

  

 不動産投資用物件の

 話ではないですが

 

 売れない中でも

 価格が下げて来ない

 ようです。

  

 確かに、東京のブランド地域は、

 さすがにこれは高いな

 という価格が散見されます。

  

 

 それに対して収益物件は

 価格が下がってきました。

   

 ワンルームや区分所有物件の

 下落率は高くないですが

  

 いわゆる、1棟物の中古物件の

 価格は下がっています。

   

 特に、RCの1棟物件は

 価格が高いこともあり

 下落額が大きいです。

  

 これらの物件は、さすがに

 現金で買う投資家は少ないので

 銀行からの借入になります。

   

 それを考えると、完全に

 銀行からの融資が受けにくく

 なっている影響が出ています。

  

 

 確かに、2017年頃の価格で

 不動産投資シミュレーション

 していると

  

 ※FCRが低下した影響で

 投資当初は何とか

 キャッシュフロー(CF)

 回るけど

   

 年数が経過して

 

 ■修繕費の増加

 ■元金支払率増加

 ■減価償却費減少

  

 してくるとCFが

 キツイ状態になるのが

  

 シミュレーション上

 明らかな物件が

 散見されました。

  

 その頃と比較すると

 市場環境は若干マシに

 なったと思います。

  

 ただ、まだ、

 今後の金利動向等を考慮する

 シミュレーションをすると

 厳しい物件が多いと思います。

   

 多くの場合、投資物件から

 価格が下落して、実需物件と

 なりますので、

  

 そろそろ、

 普通のマンション物件も

 下げ始めるかなという時期

 になっていると思います。

  

 

※FCR(Free and Clear Return)

 

 ▼計算式

 ネット収入(年) /

 総購入コスト * 100

 

 

 ◆説明文

 

 家賃収入とその他収入の

 合計値から維持管理費を

 引いた額と購入時に

 かかった全ての費用で

 割り利回化したもの。

 

 実質収入と実質購入価格で

 計算されるため利回指標

 もっとも正確性が高い指標。

  


不動産投資シミュレーションソフト
アセットランクシミュレーターの無料IDを取得する
お名前(姓)
お名前(名)
都道府県
投資物件の所有
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する 利用規約を確認する
※不動産投資シミュレーションを
より深く理解できるメールセミナー付
 

「パートナー不動産会社様募集」

「投資物件の販売を強化したいという不動産会社様」よりのご連絡をお待ちしております。専用サイトを設けております。詳細はこちらからご確認ください。 貴社の物件販売の一助になればと考えております。

不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

■お名前(姓)  (名)
■都道府県
■投資物件の所有

■メールアドレス
■メールアドレス確認
■利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームにご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでメールが送信されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

googleアカウントで無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。
利用規約を確認する