不動産投資支援ソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資支援ソフト「… > メルマガ・ブログの人気… > いまさら聞けない、不動…

いまさら聞けない、不動産投資の重要な指標(K%編)

2017-11-12

おはようございます。

 

 

アセットランク.Com
大塚 博之です。

 

 

今日は、不動産投資で重要な指標の
第5回目です。

 

 

第1回 FCR(リターン指標)
第2回 BE%(リスク管理指標)
第3回 CCR(リターン指標)
第4回 LTV(リスク管理指標)

 

 

とお伝えしてきました。

 

 

今日はK%について書きます。

 

■K%とは

 

 

「年間の元利返済額(ADS)÷ローン残高」

 

 

年間の元利返済額(ADS)のローン残高に対する割合。

 

 

借入金額に関係なく、金利と期間のみによって決まる指標。
融資金調達コスト=銀行側から見る利回りと言える指標。

 

 

銀行の視点で考えると

 

 

貸している額(ローン残高)に対して

 

 

年間で返ってくる額(年間の元利返済額)が
利回り相当になります。

 

 

この銀行側の利回りは投資家側の視点に立つと
資金を調達するのにどの位銀行にお金を払っているのか。

 

 

つまり、調達コストになります。

 

 

このあたり少し概念的で分かりにくいと思いますが

 

 

K%は借入金の効率を確認するのに
重要な指標ですので

 

 

「K% = 調達コスト」
と覚えてください。

 

 

K%(調達コスト)を単独で使っても
不動産投資の指標としてはあまり意味がありません。

 

 

しかし、ある指標と比較することで
不動産投資の効率性を簡単に計る事が可能になります。

 

 

少し長くなりそうですので
詳細は次回に続けます。

 

 


不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

お名前(姓)  (名)
都道府県
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームをご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでアカウント登録画面が表示されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。

ソーシャルアカウントで取得↓

facebookでの無料ID取得には以下の利用規約への同意が必要です。無料ID取得時点で同意したものとみなします。

利用規約を確認する

メニュー