不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーシ… > メルマガ・ブログの人気… > 築25年超RC物件へ投…

築25年超RC物件へ投資する際に確認すべき2つのポイント

2020-10-24

おはようございます。

 

アセットランク
大塚 博之です。
 

 

さて、9月26日のメールセミナーで
1棟RC物件が利回上昇(価格低下)
しているとお伝えしました。
 
9月26日メールセミナー(RCの修繕費について)
 
ただ、利回りが上昇している物件を
見ていると、
いわゆる「築古物件」が多いです。
 

 

築古1棟RCの難しさ

 
9月26日のメールセミナーでは
築古RC購入時の注意点を書きました。
 
築古RCは購入時よりも
さらに、出口が難しい場合が多いです。
 
基本的に不動産投資の
出口は2種類しかありません。
 
1.売却する
2.建て替える
 
築古RCのシミュレーションを行うと
2つの出口ともに厳しくなる
傾向にあります。
 

 

売却して出口をむかえる

 
まず、売却する場合には
2つの方法が考えられます。

 

1.建物を含め売却
2.更地にして売却
 
です。
 
いずれの場合もポイントは
以下の赤枠で囲った状況で
出口をむかえられるかです。
 

物件に対するコメント
※アセットランクシミュレータ-物件に対するコメントより
 
 
■自己資金+α いくら回収できるか
■売却時に借入を返済できるか
 
この2点がポイントになります。
 
更地にして売却する場合は
解体費用も入れての
シミュレーションが必要です。
 
シミュレーションする際の
RCの解体費はアスベストを
考えない場合で
 
坪5万~8万程度で
シミュレーションすると良いと思います。
 

 

取り壊して新築

 
取り壊して新築する場合も
確認すべきポイントは同じです。
 
■自己資金+α いくら回収できるか
■売却時に借入を返済できるか
 
ただ、取り壊した後で新築する場合
継続して投資を続けられますので
新築後のシミュレーションも加味して
 
上記2つのポイントを確認することに
なります。
 
 

慎重な検討が必要

 
前回のメールセミナーで書きましたが、
ファミリータイプの区分と異なり
1棟RCは投資家にしか売却できません。
 
さらに、築30年前後のRCだと
銀行からの借入期間は
いいところ20年程度です。
 
この借入年数でキャッシュフローを
プラスで維持できる投資家は
それなりの自己資金を
投入できる人に限られます。
 
つまり、売却できる対象者が
とてつもなく限られるということです。
 
それだけに、築年数が経過した
RCへの投資を検討する場合には
 
投資開始時の利回だけに囚われず
出口をどのようにむかえるかを
より慎重に検討する必要があります。


不動産投資シミュレーションソフト
アセットランクシミュレーターの無料IDを取得する
お名前(姓)
お名前(名)
都道府県
投資物件の所有
メールアドレス
メールアドレス確認
利用規約に同意する 利用規約を確認する
※不動産投資シミュレーションを
より深く理解できるメールセミナー付
 

「パートナー不動産会社様募集」

「投資物件の販売を強化したいという不動産会社様」よりのご連絡をお待ちしております。専用サイトを設けております。詳細はこちらからご確認ください。 貴社の物件販売の一助になればと考えております。

不動産投資支援ソフト無料ID取得↓

■お名前(姓)  (名)
■都道府県
■投資物件の所有

■メールアドレス
■メールアドレス確認
■利用規約に同意する
利用規約を確認する

※不動産投資シミュレーションをより深く理解できるメールセミナー付


登録フォームにご入力いただき、送信ボタンをクリックすることでメールが送信されます。

登録後に送信されますメール内のURLをクリックして表示される画面に ユーザー名、パスワードを入力することで すぐにアセットランクシミュレーターをご利用いただけます。