不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > 日経新聞から読み解く不動産投資 > マイホーム購入は不動産投資

マイホーム購入は不動産投資

2019-08-28

 思ったよりマイホームと

 考えている人が

 多いなという印象です。

 
 ・・日経新聞引用・・

  

 「賃貸でいい」18%、10年で倍に

 

 

 「借家(賃貸住宅)で

 構わない」

 と答えた人は17.8%と

 10年前の2倍に増え、

 

 1994年の調査開始以来

 最高となった。

  
 「土地・建物を両方所有したい」

 と回答した人は74.6%だった。

 

 ・・引用終わり・・
 

 賃貸で良いという人が

 増えたと言っても

 まだ、20%もいないという

 結果でした。

 

 もう少し高いかな

 と思っていただけに

 まだ、こんなもんなんだ

 と感じました。

 

 

 記事の中で20代では

 23.8%が賃貸で構わない

 と答えたと書いてありましたが

   

 逆に20代でも70%位の人は

 物件を保有したいと

 思っているようです。

  

    

 人口減少のペースが

 早まっていく

 今後のことを考えると

  

 物件価格の下落等の 

 所有するリスクは徐々に

 高まっていくと思います。

 

   

 不動産投資をしている

 投資家はその辺りも考慮しながら

 

 利回りを見定め、出口(売却)を

 検討し投資をしているので

 良いですが

   

 持ち家を所有するという投資を

 投資という感覚がないまま

 行うにはリスクが高い時代に

 なっていくと思います。

  

 

 さすがに、不動産投資をする人

 のように将来の収益性などを

 シミュレーションする必要は

 ないと思いますが

  

 自分の家を持つ、

 特に借入をする場合は

 

 持ち家には投資の側面もある

 という思いで行う必要が

 あります。

 

  

 所有欲が相対的に下がっている

 20代の人でも

 

 不動産は所有という人が

 まだまだ、大多数なんだな

 と少し驚いた記事でした。

 

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ