不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」

大家さん・投資家を支援する為のクラウド型不動産投資シミュレーションソフトを無料で利用可能。利回、キャッシュフロー、IRR等で判断が可能です

不動産投資シミュレーションソフト「アセットランクシミュレーター」 > 日経新聞から読み解く不動産投資 > 金利について考える

金利について考える

2018-09-03
不動産投資、株式投資、為替など

経済(economy)情勢の視点で
お伝えしていきます。

 

   

本日(2018年9月3日)の

日経新聞に掲載された

  

 

以下引用

  

 

超長期債の発行2割増 日航が20年債準備

  

 

償還までの期間が10年を超える超長期債の
発行が相次いでいる。

  

 

 

日本航空は20年債の発行に向けて準備を進める。

  

 

6月にはファーストリテイリングが初めて
20年債を発行し、1~8月では発行額が2割増えた。

  

 

企業は将来の金利上昇への懸念から、低いうちに
設備投資などに充てる長期資金を確保しようとしている。

 

  

 

日経新聞より引用

  

 

引用終わり

 

  

 

各企業も金利上昇を意識し始めている
ようです。

  

 

超長期債は期間で考えると
不動産投資で借りる期間に近いです。

  

 

各企業が金利上昇を考え始めたいま
我々、一般の投資家は何を考えるべきか。

  

 

不動産投資を考えた場合
固定で借りることは

  

 

プレミアムな金利(利息)を払う
ことを意味しています。

  

 

それを考えると

  

 

やはり、変動で投資をする場合が
多いです。

  

 

不動産投資シミュレーションの
専門家として

  

 

数多くのシミュレーションを
行ってきましたが

 

  

 

金利上昇による利払い費増加は

 

  

 

想像以上に賃貸経営に影響を
与えます。

  

 

「今が、一番最底辺の金利である」

 

  

 

このことを忘れずに投資を行ない

 

つねに金利の動き(ニュース)には
目を配っておく必要があります。

  

 

不動産投資ツール「アセットランクシミュレーター」の無料IDを取得する

TOPへ